柏市のレジャー施設

【再開】6/5(金)より柏市の映画館「キネマ旬報シアター」が10時から20時までの短縮営業で再開!

映画館柏市のレジャー施設
この記事は約2分で読めます。

2020/06/05より柏市の映画館「キネマ旬報シアター」が10時から20時までの短縮営業で再開することがわかった。

新型コロナウイルスの感染拡大を避けるため、チケットは当日分のみの販売、座席間隔をあけるなどの対策を行っている。

ロカスポ柏のツイッターをフォローすると柏市の最新情報が調べなくても届くようになります!

▼▼▼▼フォローはこちら!▼▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

このニュースの詳細

4月9日から臨時休館中だった千葉県柏市の映画館「キネマ旬報シアター」が、緊急事態宣言の解除を受け、6月5日より営業を再開する。

 当面の間、劇場は10時から20時までの短縮営業となり、感染防止対策を徹底した上で再開。チケットは当日分のみの販売とし、全席指定席、座席間隔を空けての案内となる。来場者にはマスク着用、咳エチケット、整列時のソーシャルディスタンス確保を呼びかけ、体調の優れない方の来場は控えるようお願いする。

 劇場スタッフはマスクを着用し、定期的に館内・トイレ等の消毒清掃を実施。入場時のチケットもぎりは廃止し、目視による確認となる。また、レジには飛沫防止のためのフィルムを設置、ブランケットやチャイルドシートの貸し出しは行わない。

 5日からの上映作品は『ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密』『スキャンダル』『シェイクスピアの庭』『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』『母との約束、250通の手紙』『スウィング・キッズ』『娘は戦場で生まれた』『彼らは生きていた』『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』『ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像』。上映スケジュールは追って発表される。

 1日中楽しめる映画館を目指すキネマ旬報シアターは、映画雑誌「キネマ旬報」が厳選した名作の数々を、3つのスクリーンで上映。劇場2階には、「キネマ旬報」のバックナンバーや、映画関連図書を取り揃えた「KINEJUN図書館」が設けられている。(編集部・倉本拓弥)
千葉・キネマ旬報シアター、5日から営業再開

スポンサーリンク

この記事に関する感想をお願いします!

タイトルとURLをコピーしました