柏市のニュース

【柏市】新型コロナウイルス対策の「布製マスク2枚」が手元に届きました!

マスク柏市のニュース
この記事は約5分で読めます。

日本政府は新型コロナウイルス対策として全世帯に洗って使える布マスク2枚の配布を決定しましたが、なかなか手元マスクが届かないという意見が多数ありましたが・・・

 

5月下旬ごろから、柏市にもやっと布製マスク2枚が手元に届いたという声が聞こえるようになってきました。

 

私の手元にもありがたいことに布マスク2枚が届きました。

 

芸能人の間でも日本政府によるマスク配布の決定について賛否両論意見がありましたね。

 

中でもモデルでタレントの紗栄子さんのインスタの投稿が波紋を呼び同感する女性が殺到。

 

やっと手元に届いた布マスクを手にして小学生や中学生のお子さんがいるご家庭では・・・

 

「子供が手作りマスクをなくしてしまった。」

 

「何度もマスクを洗っているうちに小さくなってしまって困っていた。」

 

「洗濯が間に合わない。」

 

などと困っている親御さんがたくさんいらっしゃいます。

 

「6月からは学校がスタートしマスク着用での登校なので、手元にマスクが届くのは遅かったがマスクを入手するのは困難なので助かる。」という声をよく耳にします。

 

多くの方が大変な思いをして各世帯に届けてくださったマスクを大切に使わせていただきたいと感じました。

 

マスク

 

すでに布マスクが届いた方たちの意見で多かったのは「マスクが小さい。」という意見ですが

 

私が実際につけてみた感想としては幼児には大きすぎます。

 

小学生ぐらいだと少し大きめですが、すっぽりと鼻と口元が覆われてちょうどよいと思います。

 

大人の女性にはぴったりです。

 

大人の男性にも問題なく使用できますが、大きめが好みの人には少し小さく感じるかもしれません。

 

今年の夏も暑くなるようなので、マスクを外したくなるとは思いますが、新型コロナウイルスにいつ感染してもおかしくない状況ですのでぐっと我慢しましょう。

 

マスク

 

みなさんの手元にも早くマスクが届きますように。

 

紗栄子さんのマスクについての意見が気になる方はコチラ↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

新型コロナウイルスの状況が日に日に悪化していく中、私たちも国内外のたくさんの情報を調べること、そしてどの情報が正しいのか、もしくは信じるのかをしっかり精査して、自分自身を、大切な人を守る行動を取っていくことが必要なんだと感じています。 世界中、みんなが初めてのことで、 誰も正しい対応の仕方がわからないからこそ、誰かの判断に批判の目を向けるだけじゃなく、みんなで考え問題提起しながら試行錯誤で進んでいくしかないんじゃないのかな。 私たちの仕事は、政治的な発言はとるべきではないとされるし、こうやって発信することで賛否は起きると思っているけれど、自らも考え、問題提起していくことがとても必要とされる時代になってきたんじゃないかなと思います。 いままで政治に興味が無かった人も、この世界的な危機の中、自分の国で起きていること、自分の国が取る選択、つまりそれを決めるリーダーを選択するのは自分たちだということ。 そういうことをもう1回見直すタイミングなんじゃないかなと、私は思います。 1日の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合で、全国5000万超の全世帯に、布マスクを2枚ずつ配布する方針が明らかになったと報道で拝見しました。 このことも私個人としての意見は、マスクは自分で作ることができるので、私たち家族にはいらないから、必要としている人のもとにいち早くお届けしてほしい。 私のお家に届けるまでにかかる全ての経費を他の補助に当ててほしい。 1世帯200円かかるとされる経費が、私と同じ選択をとる人の数が増えれば増えるほど大きな金額になるはずだから… それが率直な意見です。 ただ、いまだにマスクをしていないまま外出しているかたがたくさんいらっしゃることを思うと、政府もそのような選択をしなければならなくなるのも理解できますので、批判の目だけではなく、みんなが協力体制でこの有事に挑んでいけば、選択も変わっていくのではないかと思います。 まずは、1番リスクに晒されている医療従事者の皆さん、そして高齢者施設、障害者施設に対していち早く届けていただきたい。 そして必要以上の外出を避ける選択を取ることのできる私たちが、使い捨てマスクを使用しなくていい選択を取ること。 たとえば外出をしない。正しい情報を元に布マスクを自身で作る。 この小さな行動も、誰かの命を守ることに繋がるということを、みんなでもう一度自分にできることを考えてみてはいかがでしょうか。 私は国が補助してくれるマスクが必要な人にいち早く届いてほしいと願っているし、もし受け取りを選択することができるのであれば、その浮いたお金を、全ての子供達が学校に通わなくてもオンラインで授業が受けられるように、ネット環境の整っていないご家庭の子供達も平等に授業に参加できるように、フリーWi-Fiなどのネット環境を整える費用やツールの確保、教育機関への補助に当ててほしいと思っています。 もともと重症化リスクが低いとされていた10代、20代、30代の若者世代も、世界で起きていることをみてみると、今では安全と言い切れなくなってしまいました。 欧米では0歳児の赤ちゃんが、ベルギーでは12歳の少女、英国でも基礎疾患の無い13歳の少年が、コロナの急激な重症化で命を落としています。 他人事ではなく、既に全ての人に対して自分事の出来事です。 ここに書いたのは私の1意見ですが、国民それぞれが考え、意思を持ち議論することが大切だと思い、私の今日、今この瞬間の思いを記載させていただきました。 みんなで話し合い、愛の選択を取りながら乗り越えていきましょうね。 #stayhome

SAEKO♡(@saekoofficial)がシェアした投稿 –

 

新型コロナウイルスが早く収束しますように。

スポンサーリンク

この記事に関する感想をお願いします!

タイトルとURLをコピーしました