柏市のニュース

柏市などに保育園を開園している「学研ココファン・ナーサリー」は保育園事業を営みながら保育士を養成!保育士不足の救世主になるだろう!

保育園柏市のニュース
この記事は約1分で読めます。

柏市などに保育園を開園している「学研ココファン・ナーサリー」は保育園事業を営みながら保育士を養成し、日本の保育士不足などを解決するために走り続けています。

働くことを前提にしたのは他にも理由がある。若い人が保育士を目指す場合、専門学校へ入学すれば良い。しかし、経済的な理由で進学できず働かないといけないが、それでも保育士になりたいと考える若者もいる。また、子育てが一段落し、その経験を活かして保育士の資格を取りたいと考える人も多いそうだ。

家のことやバイトなどの隙間を縫った時間にコスパよく勉強してもらいたい。そのため、午前の部、または夜の部に1日3時間、火曜日から金曜日まで週4日、2年間通えば資格が取れるようにカリキュラムを組んだ。

忙しい人たちが時間の合間を縫って通うとしたら、駅から近いほうがいい。加えて、系列園でバイトしてもらったり、実習したりするのであれば、馬込、大崎、五反田の施設に近い場所がいい。そこで、東急池上線の駅もある蒲田駅から徒歩2分のビルに教室と事務所を構えた。

全文を読む⇒保育園事業を営みながら保育士を養成――「自前で育てる」取り組みで課題解決に挑む

スポンサーリンク

この記事に関する感想をお願いします!

タイトルとURLをコピーしました