柏レイソル

【柏レイソル】古賀太陽選手は悔しさをバネに次の試合を見据え前を向き続ける!

柏レイソル柏レイソル
この記事は約3分で読めます。

古賀太陽選手は悔しさをバネに次の試合を見据え前を向き続けると決意。

【柏レイソル】8/29(土)の鹿島との試合でオルンガ選手が2発で勝ち越しとおもいきやまさかの2-3で逆転負け!
2020/08/29の鹿島との試合でオルンガ選手が2発で勝ち越しとおもいきやまさかの2-3で逆転負け! 【 #reysol #柏レイソル 】 #オルンガ ...

ロカスポ柏のツイッターをフォローすると柏市の最新情報が調べなくても届くようになります!

▼▼▼▼フォローはこちら!▼▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

このニュースの詳細

明治安田生命J1リーグ第13節で柏レイソルは鹿島アントラーズを迎え、前半から2人のケガ人と1人の退場者を出す中で2-1と勝ち越しながら、最後の最後で2ゴールを浴びて逆転負け。それでも古賀太陽は苦しい胸の内を隠さなかった。

ハードバトル! 鹿島の小泉(白)と柏のマテウス・サヴィオの争い。激しすぎて何度も試合が止まった

「申し訳ない気持ちで…」
 口を開くのも重々しい。84分、オルンガのこの日2点目で2-1とリードを奪い、6分とアディショナルタイムを守り抜けば勝利を手にするはずが、89分と90+1分に土居聖真に連続ゴールを浴びる悪夢を見たばかりである。古賀太陽はセンターバックとしての自分を責めた。

「あれだけ短い時間に失点を重ねたのはうしろ(守備陣)の責任だと思いますし、個人としてもクロスへの対応のところでマークを外しての失点でした。最後の時間帯だからこそ、後ろから締め直さなければいけなかったと思っています」

 逆転ゴールとなる鹿島アントラーズの3点目は確かに、柏から見て左からのクロスに対して、古賀の背後に土居に潜り込まれてヘッドで合わされている。

 ただ、条件が悪すぎた。11分にセンターバックの相棒の高橋祐治が負傷。代わって入った川口尚紀は自分と同じでセンターバックが本職ではない。39分にはマテウス・サヴィオもケガで2つ目の交代枠も使ってしまい、前半アディショナルタイムには高橋峻希が2度目の警告を受けて退場するという悪条件が重なった。最後はもう、ほとんどの選手の足が止まってしまっていた。

「1人減った状態でも全員がハードワークして、実際に自分たちがリードする展開にもなりました。全員があれだけ戦ったからこそ、失点を重ねたことに責任を感じていますし、本当に前の選手(攻撃陣)には申し訳ない気持ちが強い試合でした」

 センターバック不足はここのところの「アキレス腱」。古賀も川口もまったく経験がないわけではないが、やはり影響がないとは言えない。

「お互いに本職ではなくて、僕はここのところはセンターでやっていますが、センターとしてのクオリティーはまだまだ。その2人が組んだことで、コミュニケーションのところはもっとあってよかったと思いますし、分からないなら分からないなりに自分たちからアクションを起こしてもよかった。そこの甘さが実際に失点につながってしまったのかなと思います」

 衝撃の敗戦の直後だから反省の言葉ばかりになったが、中3日でまた試合がやって来る。今度は、一発勝負のJリーグYBCルヴァンカップ準々決勝、セレッソ大阪戦だ。ここから3勝すればタイトルに手が届くチャンス。「試合は続くので悲観的になりすぎずに、ポジティブな面も多かったと思うので前を向いてやるしかないと思います」と新たなモチベーションをかき立てている。

【柏】古賀太陽は逃げたりしない。「自分の甘さ」と向き合い立ち上がるために

スポンサーリンク

この記事に関する感想をお願いします!

タイトルとURLをコピーしました