柏市のニュース

柏で有名な自家焙煎豆売所と言えば佐渡島からもお客さんが来る「雨の日の珈琲」!コーヒーが美味しいだけでなくあの有名なお店のパッケージも手掛ける多彩な店主がいるお店だった!

柏市のニュース
この記事は約9分で読めます。

柏駅西口から徒歩6分の自家焙煎豆売所「雨の日の珈琲」はあまりにも人気で佐渡島や北海道からお客様がわざわざ足を運ぶほどの名店です。

日本中にファンがいるといっても過言ではないコーヒー店なんです。

新型コロナウイルスの影響で大変な状況下の中、「雨の日の珈琲」は直接コーヒーの豆を購入する方やコーヒーを飲みにくるお客さんだけでなく、オンラインでの注文が殺到し大忙しなんだそうです。

忙しいのには他にも理由があります。

実は、「雨の日の珈琲」元グラフィックデザイナー!

その腕前は、「雨の日の珈琲」のロゴや名刺などを見れば一目瞭然!

「雨の日の珈琲」のロゴだけでなく、とても有名なチョコレート職人「TribalCacao (トライバルカカオ)」のロゴやパッケージも作っているんですよ~

この間伺った時は「TribalCacao (トライバルカカオ)」のバレンタインデーのパッケージを製作中でほぼ9割完成したとおっしゃっていました。

さすがに、完成前の「TribalCacao (トライバルカカオ)」のバレンタインデーのパッケージをお見せすることはできませんでしたが、とても目を引く素敵な柄でした。

「雨の日の珈琲」の店主に「TribalCacao (トライバルカカオ)」のことやコーヒーについてたくさん話を聞くことができたのでご紹介します。

あまりにもお話が楽しくて、お店で一杯コーヒーを頂きました。

とてもおいしかったので、コーヒーの感想もお伝えしますね。

ロカスポ柏のツイッターをフォローすると柏市の最新情報が調べなくても届くようになります!

▼▼▼▼フォローはこちら!▼▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

自家焙煎豆売所「雨の日の珈琲」ってどんなお店?

冒頭でも述べましたが、自家焙煎豆売所「雨の日の珈琲」は日本全国からわざわざ足を運ぶ人がいるほどの名店なんです。

でも、私はコーヒーの知識が乏しく自家焙煎豆売所「雨の日の珈琲」の存在を知らずにいました。

自家焙煎豆売所「雨の日の珈琲」ととても有名なチョコレート屋「TribalCacao (トライバルカカオ)」の存在を知ったのは…

柏市出身のボーカリスト、ジャズピアニストとして活動する傍ら歌やピアノの講師としても大活躍の松下聖哉さんが2つのお店を大絶賛していたからなんです。

松下聖哉さんとお会いした時に

「今すごくチョコレートにはまっていてめちゃくちゃ美味しいんですよ!」

「そのチョコレート屋さんの隣のお店のコーヒー屋さんもすごくおいしくて週2、3回行ってるかも?」

とお話しされたので気になって突っ込んで聞いてみると、どちらのお店もメディアで取り上げられるほどの有名店だったんです!

↓Hanako FOR MENにも「雨の日の珈琲」が掲載されています↓

柏市で有名だと聞けば行くっきゃないでしょ!!

と思い早速「雨の日の珈琲」と「TribalCacao (トライバルカカオ)」に行っちゃいました!

どちらのお店も店主が知識豊富でお話を聞いていると面白くて長居(笑)

松下聖哉さんから聞いていた「雨の日の珈琲」と「TribalCacao (トライバルカカオ)」の関係性がとても気になり、直接店主に聞いてみるとすごい言葉の連発!!

*「TribalCacao (トライバルカカオ)」のお店の情報は後日アップします。

【追記】
「TribalCacao (トライバルカカオ)」の関連記事です。

世界で通用すると噂のチョコレート屋「TribalCacao (トライバルカカオ)」で人気のチョコレートを頂きました!場所は柏駅西口から徒歩6分です
世界で通用すると噂のチョコレート屋さんが柏駅西口から徒歩6分の場所にあります。 チョコレート屋さんの名前は「TribalCacao (トライバルカカオ)」...
更新【期間限定】道の駅しょうなんとチョコレート専門店「トライバルカカオ」のコラボ商品【カカオニブアイスクリーム】が材料がなくなり次第終了するのでまだ食べてない人はお早めに!
期間限定の道の駅しょうなんとチョコレート専門店「トライバルカカオ」のコラボ商品【カカオニブアイスクリーム】が材料がなくなり次第終了することがわかりました。 ...

「雨の日の珈琲」の店主は「TribalCacao (トライバルカカオ)」の生みの親だった!

実は、「TribalCacao (トライバルカカオ)」のオーナーがチョコレート職人になったのは「雨の日の珈琲」の店主の久保田プルートさんが「世界に通用するチョコレート職人になれる」と後押ししたのがきっかけだったんです。

「雨の日の珈琲」の店主が「TribalCacao (トライバルカカオ)」のオーナーを後押ししたのをきっかけにチョコレートの修業をし、「世界に通用するチョコレート職人になるだろう!」と噂されるほどに…

このエピソードを聞いてこんな漫画のような話が現実にあるとはと驚きました~

「雨の日の珈琲」の店主は「TribalCacao (トライバルカカオ)」のロゴやパッケージをデザインしている!

冒頭でもお話ししましたが、「雨の日の珈琲」の店主は「TribalCacao (トライバルカカオ)」のロゴやパッケージもデザインしています。

店主の話では

「彼は世界に通用するチョコレート職人だから、世界に負けないパッケージを作った。」

「チョコレートのパッケージをかき集めた。どこにも負けないパッケージになった。」

とお話しされていました。

実際にデザイン画を見せていただきましたが、今まで見たチョコレートのパッケージの中でどこよりも目を引くデザインだと思いました。

「雨の日の珈琲」のコーヒーはとても有名なので昔からこの道一筋かと思いきや元グラフィックデザイナーなんですね。

お店を見渡すとすごいものを発見!

「TribalCacao (トライバルカカオ)」のパッケージで作られた鶴?と思いきや猛獣???

これすごくないですか?

お客さんが目の前でササっと作ったそうです。

それにしても「雨の日の珈琲」の店主はコーヒー豆を作る職人としてだけでなく、グラフィックデザイナーとしての才能も素晴らしいですね。

「雨の日の珈琲」のコーヒーのロゴやパッケージは見た目はシンプルにし、ロゴにインパクトを持たせたそうです。

「TribalCacao (トライバルカカオ)」のロゴやパッケージは世界でも通用するようにパッケージにインパクトを持たせロゴはシンプルに。

感心したのはロゴやパッケージだけでなくコーヒーの味にも感心しまくりです。

自家焙煎豆売所「雨の日の珈琲」のコーヒーを飲んだ感想

高級なコーヒー「コロンビア ヨハン ヴェルガラルガラ ピンクブルボン」を頂きました!

私が頂いたコーヒーは都内だと1杯、1,800~2,000円ぐらいするほどの価値があるコーヒーで冬におすすめの限定商品です。

桃やサクランボを思わせるジュース―な味わいの「コロンビア ヨハン ヴェルガラルガラ ピンクブルボン」。

「コロンビア ヨハン ヴェルガラルガラ ピンクブルボン」は「雨の日の珈琲」ではたったの370円でいただけます。

この時ばかりは柏市民でよかった~とシミジミ(笑)

だって、こんなおいしいコーヒーを何杯も飲みたくても1杯2,000円もしたら1年に一回飲むのがやっとです(笑)

本来ならコーヒーに詳しい人が「このコーヒーは○○だから、ココが素晴らしくて!」と評論するぐらいのレベルだといいのですが…

コーヒー素人の私には皆さんに細かく正確な感想をお伝え出来ないのが残念。

ただ、コーヒーを頂いて一口飲んだ瞬間にいつも飲んでいる安いコーヒーとは明らかに次元が違うことはわかりました。

味が濃いけどとても深みがあり見た目も澄みきっていて何よりも香りが楽しめます。

美味しいコーヒーを頂くとホッとしますね。

一気に疲れがぶっ飛びました!

「コロンビア ヨハン ヴェルガラルガラ ピンクブルボン」は一般的なコーヒー屋さんだとコーヒー豆を13g程度使用するそうなんですが、「雨の日の珈琲」だと倍以上の30gも使用するんだそうです。

しかもどこよりも抽出がよいので「同じコーヒー豆を使用してもうちには勝てない!」と店主がおっしゃっていました。

どのコーヒー豆もすごくおいしいコーヒーを作るお店よりも3つから4つの工程を増やしよりおいしいコーヒーを作っているんだそうです。

私はコーヒード素人なので知らなかったんですが、私が頂いた「コロンビア ヨハン ヴェルガラルガラ ピンクブルボン」はお肉で言うと「松坂牛」レベルなんだそうですよ。

それを聞いてギョッとしましたΣ(゚Д゚)

「松坂牛」を「雨の日の珈琲」では370円でいただけるなんてありがたすぎですね。

私のつたない感想だとわかりずらいので「雨の日の珈琲」でコーヒーを頂いた方のとても分かりやすい口コミを載せておきます。

「雨の日の珈琲」のコーヒーがあまりにも美味しかったので他のコーヒー豆を購入させていただきました。

「ガテマラ アルト・デ・メディナ ナチュラル」とブレンドの「甘雨(かんう)」を頂きました!

たくさんあるコーヒー豆の中からど素人の私はどのコーヒー豆を選んでいいのかわからず、店主に相談。

「ガテマラ アルト・デ・メディナ ナチュラル」とブレンドの「甘雨(かんう)」の2種類を頂きました。

本来ならコーヒー豆は挽かずにそのまま持ち帰った方が香りも味も長持ちするそうですが、コーヒーマシーンがないので断念し、コーヒーの豆を挽いてもらいました。

直接「雨の日の珈琲」に足を運べない方はオンラインショップもあるので取り寄せてみてください。

>>オンラインショップ

持ち帰って封を開けるとコーヒーの香ばしい香りが部屋中に広がります。

「TribalCacao (トライバルカカオ)」のチョコレートと一緒にいただきました。

日本中からお客さんが足を運ぶ「雨の日の珈琲」と甘すぎないカカオ豆と砂糖だけで作ったチョコレートとの相性は抜群です。

いつもパソコンと向き合っているので、美味しいコーヒーとチョコレートに癒されホッとしました。

コーヒー好きの方やチョコレート好きの方は是非足を運んでみてください。

来店時にお客さんが自宅用で購入する人もいましたが、お友達へのプレゼントとして購入される方もいらっしゃいました。

コーヒーが大好きなお友達にプレゼントするのにもってこいですね!

私もコーヒー好きが周りにたくさんいるのでプレゼントに最適だなと感じました。

「雨の日の珈琲」はカフェとしてもやっていますが、コーヒー豆の販売がメインなので席数はあまりありません。

店主が知識豊富でお話を聞いていると面白いので、新型コロナウイルスが終息したらゆっくりと「雨の日珈琲」でおいしいコーヒーを頂きながら店主のお話を伺いたいな~

これ美味しそうですよね↓

次回はこれを食べてみたいです。


現在は新型コロナウイルスの影響もあり、コーヒー豆の販売メインとテイクアウトのコーヒーをメインに行っています。

「雨の日の珈琲」のコーヒーを購入したい方はオンラインショップでの販売も行っているので試しに購入して飲んでみてください。
>>オンラインショップ

「雨の日の珈琲」の詳細

住所:千葉県柏市あけぼの4丁目4−2 ライネスハイム柏

電話番号:0471966505

タイトルとURLをコピーしました