柏レイソル

9/9(水)柏レイソルがFWオルンガ選手の今季15得点目!MF江坂任選手の2発でガンバ大阪に3-0で快勝!

柏レイソル柏レイソル
この記事は約2分で読めます。

2020/09/09、柏レイソルがFWオルンガ選手の今季15得点目、MF江坂任選手の2発でガンバ大阪に3-0で快勝しました!

ロカスポ柏のツイッターをフォローすると柏市の最新情報が調べなくても届くようになります!

▼▼▼▼フォローはこちら!▼▼▼▼

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

このニュースの詳細

柏レイソルがFWオルンガの今季15得点目、MF江坂任の2発でガンバ大阪に快勝した。柏は本職センターバック5人のうち、4人が負傷離脱。GK中村も前節清水エスパルス戦で負傷退場し、この日のゴールはGKキム・スンギュが守った。

3バックのG大阪に対し、ネルシーニョ監督はFWオルンガ、呉屋大翔の2トップ、トップ下にMF江坂を配置。ネルシーニョ監督は、オルンガ、呉屋、江坂の前線起用に「相手が3バックで、2トップの最終ラインの駆け引きが相手にとって脅威になる。ボールを奪った瞬間、背後を取ることをやってほしいと伝えていた」と狙いを明かした。指揮官の作戦通り、前半2分、最終ラインのDF古賀のロングパスに抜け出したオルンガが先制点を決めた。

前半40分と後半17分に頭でネットを揺らした江坂は「(2トップの)2人が相手のラインを下げてくれたり、ゴール前にしっかり入ってくれていた。2人とのいい関係もできたかなと思う」と振り返った。前節清水戦は3バックで臨み、この日は4バック。過密日程の中で、メンバーやシステムを替えながら結果を残している。江坂は「監督も細かく説明して落とし込んでくれている。中でも選手同士で話し合いながら、助け合いながらできている」とチームの一体感を口にした。
柏ネルシーニョ監督「奪った瞬間背後」狙い通り3発

スポンサーリンク

この記事に関する感想をお願いします!

タイトルとURLをコピーしました